TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

【Review】ベストなベストパックを探せ! SALOMONの人気モデル3選を徹底比較

トレイルランニングバックパックの分野で高いシェアを誇り、次々と高機能で魅力的なモデルを送り出すブランド、SALOMON(サロモン)。2021年にもニューモデル「SENSE PRO(5・10)SET」がリリースされましたが、既に高評価を得ている既存の定番モデルも気になる方が多いと思います。

そこで、SALOMONの人気バックパック3モデルを徹底比較してみました。着用感、実質的な容量、使い勝手など、気になるポイントを解説します。バイヤーズガイドとしてお役立てください。

左より「ACTIVE SKIN 8 SET」「SENSE PRO 10 SET」「ADV SKIN 12 SET」

■今回ご紹介するモデル
ACTIVE SKIN 8 SET
・容量:8L  ・税込価格:¥10,890
SENSE PRO 10 SET
・容量:10L ・税込価格:¥19,800
ADV SKIN 12 SET
・容量:12L ・税込価格:¥18,700

■着用感
どのモデルもサイズが細かく分かれているため、身体の曲面にピタリとフィットします。フロントのチェストコードは1本で5箇所を留めます(自分でフックに掛ける作業は2箇所のみ)。テンションの調整は一箇所でコントロールできます。シンプルながら優れたシステムで、硬いパーツがないので当たりや擦れが出ることはありません。

左より「ACTIVE SKIN 8」「SENSE PRO 10」「ADV SKIN 12」

着用時のしなやかさには差がありました。
抜群なのは最新モデルの「SENSE PRO 10 SET」。もう、ベストパックというよりは服に近いです。ただし「ADV SKIN 12 SET」と「ACTIVE SKIN 8 SET」が硬い着用感なのかというと、決してそうではなく、むしろノーマルです。逆に「SENSE PRO 10 SET」がしなやかすぎるのです。

(左)フロントのコードは3モデルとも同じシステム。(右)「SENSE PRO 10 SET」と「ADV SKIN 12 SET」は左右がつながったサイドポケットを採用。

■ポケット・容量
コンパートメントとポケットは「SENSE PRO 10 SET」と「ADV SKIN 12 SET」が基本的に同じ配置になっています。2層のメインコンパートメント、豊富なフロントポケットと左右でつながっているサイドポケットという構成はベストパックのお手本ともいうべきもの。
「ACTIVE SKIN 8 SET」の相違点はメインコンパートメントが一層でボディにストレッチ素材を使用していない点、フロントの最上部とサイドのポケットを減らしている点です。

フロントポケットとその裏のメッシュの違い。左より「ACTIVE SKIN 8 SET」「SENSE PRO 10 SET」「ADV SKIN 12 SET」。
付属のソフトフラスクの仕様も違う。左から「ACTIVE SKIN 8 SET」「SENSE PRO 10 SET」「ADV SKIN 12 SET」。

容量に関してはカタログ上の数値以外に、ポケットの数や大きさによって使い勝手が変わってきます。そこで、各ポケットに直径4.3cmのボールを何個入れることができるか調べてみました。
結果が下の表となります。

ACTIVE SKIN
8 SET
SENSE PRO
10 SET
 ADV SKIN
12 SET
メイン
コンパートメント
98個 76個 102個
フロント上
ポケット
左右各
2個
左右各
2個
フロント中
ポケット
左右各 500ml ソフトフラスク
フロント下
ポケット
左右各
14個
左右各
11個
左右各
14個
サイド-バック
ポケット
28個 43個
合計  126個  130個  177個

「ACTIVE SKIN 8 SET」はポケットが少ないのですが、メインコンパートメントの容量が大きく、合計で「SENSE PRO 10 SET」に近い容量となりました。ただし、「ACTIVE SKIN 8 SET」は生地が伸びないので、これで精一杯。「SENSE PRO 10 SET」と「ADV SKIN 12 SET」はストレッチさせない状態での収納としたので、まだゆとりがありました。

■ウィメンズ専用モデル
ウィメンズ専用デザインは「ACTIVE SKIN 8 SET」「SENSE PRO 10 SET」には設定が、「ADV SKIN」は別モデルで「ADV SKIN 8 SET」がウィメンズモデルになっています。女性モデルはサイジングの他、フロントポケットが専用デザインになっていて、ボトルポケットの位置が低く、専用のストロー付きソフトフラスクが付属します。

ウィメンズ専用モデル。(左)「ACTIVE SKIN 8」(右)「SENSE PRO 10」。

■どんなユーザー・目的に向いているか?
ACTIVE SKIN 8 SET
アクティブ スキン 8 セット
フィット感には妥協がなく、シンプルなポケットの構成と耐久性のある本体。そして、なんと言っても圧倒的なコストパフォーマンスが魅力です。これからトレイルランニングを始める方の最初のパックとして最適。ハードユーザーなら、本番用の勝負パックとは別にトレーニング用としてもお勧めできます。

SENSE PRO 10 SET
センス プロ 10 セット
SALOMONのベストパックの中でも最高峰のモデル。極減まで軽量で、極減までストレスフリーなパックを求めている方。少しでもタイムを削り出したい方。長時間にわたる使用でも身体の一部のように感じて苦にならないパックを探している方などに自信を持ってお勧めできます。

ADV SKIN 12 SET
アドバンスド スキン 12 セット
普段のトレーニングからウルトラトレイルまで、オールマイティーに使えるバランスの良いモデル。初心者から上級者までどんなレベルのランナーがどんな距離で使用しても持て余したり、不満に思ったりすることはないでしょう。ショートディスタンスでは大きすぎるかも。

モデルも容量もカラーもサイズも豊富なSALOMONのベストパック。
ご自分のスタイルに合った逸品を探しあててください。

■スペック比較表

  ACTIVE SKIN 8 SET SENSE PRO 10 SET  ADV SKIN 12 SET
容量 8L 10L 12L
重量 210g 165g 277g
フロント
ポケット
5 8 9
 背面長(cm) 38cm  39cm  40cm
サイド・リア
ポケット
 1  1
内ポケット
ポール
ホルダー
リザーバー
ケース
ホイッスル  ◯
ソフト
フラスク
500ml×2  500ml×2  500ml×2
カラー 4色(♂)
2色(♀)
4色(♂)
3色(♀)
 6色(♂♀)
 税込価格 ¥10,890 ¥19,800 ¥18,700
 その他の
ラインナップ
4L(♂♀)  5L(♂♀)  5L(♂♀)
8L (♀)

 

■SALOMON http://www.salomon.com/jp/
■SALOMON日本公式情報サイト http://timetoplay.salomon.jp/

>>>トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

  • モントレイル トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • gontex トレイルランニング
  • ess トレイルランニング
  • suunto トレイルランニング