TrailRunner

salomon トレイルランニング

【Review】SUUNTO 「SUUNTO 9 PEAK PRO(スント 9 ピーク プロ)」

小顔イケメンはそのままに、より長く・速く・強く・使いやすく進化したGPSマルチスポーツウォッチ

 

 

SUUNTO(スント)のGPSマルチスポーツウォッチの最高峰「SUUNTO 9」ファミリーに新たなフラッグシップモデル「SUUNTO 9 PEAK PRO(スント 9 ピーク プロ)」が加わりました。PROの文字が示す通り「SUUNTO 9 PEAK PRO」は「SUUNTO 9 PEAK」のパワーアップ版という位置付けです。ただし、「SUUNTO 9 PEAK」のモデルチェンジではなく、新たに追加されるモデルとなります。

 

 

「SUUNTO 9 PEAK PRO」は、ベゼルにチタニウムを採用したモデルとスチールを採用したモデルの2種類があり、カラーによってストラップの仕様も異なります。チタニウムは2カラーともシリコンストラップ、スチールはフォレストグリーンがテキスタイルのストラップ、他のカラーはシリコンのストラップとなります(カラー毎にデザインは異なります)。

 

(左)「SUUNTO 9 PEAK」、(右)「SUUNTO 9 PEAK PRO」

 

上の写真を見ても「SUUNTO 9 PEAK」との区別はつかないと思います。サイズと重量を厳密に比べると、直径は同寸、「SUUNTO 9 PEAK PRO」は厚みが0.2mm増して、重量は20g(スチールベゼルの場合)程増加しています。たったそれだけの違いなのに、スペックを見ると驚くほど進化しています。

 

 

機能のポイントは以下のとおり。
・バッテリー寿命が約1.5倍に向上
・最大4つのGPSシステムと連携し精度が向上
・処理能力が高く、省電力なプロセッサーを採用し応答性が向上
・改良されたわかりやすいユーザーインターフェイス
・ウォッチ単体でのランニングパワーの計測が可能
・MIL-STD 810G 軍用レベル規格のすべての試験に合格した耐久性
・フィンランドで100%再生可能エネルギーを使って作られ、初めてカーボンフットプリントを算出、検証済みカーボンユニットで完全に補正

 

注目のバッテリー寿命ですが、「SUUNTO 9 PEAK」と比べると約50%も向上しています。GPSを使用したトレイルランニングを行った場合、パフォーマンスモードで40時間、エンデュランスモードで70時間、ツアーモードで300時間ですから、100マイルレースでも途中で充電せずに済むはずです。

 

 

GPSの精度も向上しました。4つの衛星ネットワーク(GPS、GLONASS、GALILEO、BEIDOU)と最大32個の衛星に同時に接続(「SUUNTO 9 PEAK」は2つの衛星ネットワークと最大12個の衛星に接続)できるため、深い山の谷間や高いビルの下など、GPSの条件が厳しい場所で運動する際の精度が向上しました。また、ナビゲーションシステムには新しいソニー製のチップを採用し、低消費電力にも貢献しています。

ユーザーインターフェイス、つまり画面に表示される項目やデザインの変更も大きなポイントです。

例えば、ランニングを記録する際、スタートするまで、「SUUNTO 9 PEAK」では最短でも4回ボタンを押す必要がありましたが、「SUUNTO 9 PEAK PRO」では3回に短縮されています。

 

 

また、「SUUNTO 9 PEAK」では、スタートボタンを押す前に、上のボタンでバッテリーモードの切り替えを行い、下のボタンでその他のオプションを呼び出していましたが、「SUUNTO 9 PEAK PRO」ではスタートボタンのすぐ下に14項目のオプションが表示されているので素早く、直感的に変更できます。

 

 

ランニング記録中の表示画面も、印象が大きく変わっています。文字が太く、大きくなり、また地色を反転させるなどして視認性が高まりました。

 

ランニングの記録やナビゲーション以外の便利な機能をウィジェットをから呼び出せるのも「SUUNTO 9 PEAK PRO」独自の機能です。中央ボタンを押すとウィジェットが表示されますが、デフォルトではすべてのウィジェットが表示されています。スマートフォンのSUUNTO APPで不要なウィジェットをOFFにすることで、必要な機能を素早く呼び出すことができるようになります。

 

10個のウィジェットがデフォルトでオンになっているので、必要に応じて選択したい。

 

「SUUNTO 9 PEAK」で好評だった機能やディテールは、もちろん引き継がれています。ストラップはワンタッチで取り外し可能で、「SUUNTO 9 PEAK」、「SUUNTO 5 PEAK」と互換性があります。別売りのアクセサリーストラップにはシリコンやテキスタイルのカラー違いはもちろん、柔らかく、カラフルで、便利な長さ調整機構を備えたループストラップや、軽く、快適なマイクロファイバー製などもラインナップしています。

 

レビューしたオーシャンブルーのストラップはシリコンが2層になっていて若干ハリがある。

 

バッテリーの充電はマグネット式。約1時間でフル充電できます。急いでいる場合は10分の充電だけで10時間のトレーニングが可能です。

 

マグネット式の充電器が付属。「SUUNTO 9 PEAK」の充電器と似ているが互換性はない。

 

「SUUNTO 9 PEAK PRO」はルックスの変更点がないため「SUUNTO 9 PEAK」のマイナーアップデート版と勘違いされそうですが、性能と使い勝手の両面で大幅に向上しています。とくに、バッテリー駆動時間を重んじるトレイルランナーにはとても魅力的なニューモデルではないでしょうか。

 

 

SUUNTO 9 PEAK PRO
(スント 9 ピーク プロ)
・価格
SUUNTO 9 PEAK PRO:TITANIUM:98,890円(税込)
SUUNTO 9 PEAK PRO:87,890円(税込)
・サイズ:43 x 43 x 10.8mm
・重量:64g / 55g(TITANIUM)
・ベゼルの素材:ステンレススチール / グレード5チタン(TITANIUM)
・レンズの素材:サファイアクリスタル
・ケースの素材:ガラス繊維強化ポリアミド製
・ストラップの素材:シリコン(FOREST GREENはテキスタイル)
・同梱物:充電ケーブル、ユーザーマニュアル

 

■SUUNTO https://www.suunto.com/ja-jp/

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング