TrailRunner

suunto トレイルランニング

【BOOK】「人は何歳まで走れるのか? 不安なく一生RUNを楽しむヒント」 南井正弘(著)

年を重ねても楽しく走り続けるには?
スポーツシューズの進化を追い続けてきた男が、ヒントを探る旅に出た。

99歳現役ランナー、君原健二、金哲彦、高橋尚子、茂木健一郎、フル2時間30分の管理栄養士、ランニングドクターなど、先駆者やプロに、「加齢とRUNの気になる関係」を聞く!
スポーツシューズに関わって34年の著者が、これまで試したシューズは1000足以上。その比類なき知識と情報量でシューズの変遷と選び方を語る。レース愛好家、ファンランナー、これから走りたいビギナー、すべての中高年ランナーの背中を押す!

 

 

<目次より>
・遅く始めた人ほど長続きする? 99歳現役ランナーの日常 [福田玲三]
・身体に負担をかけず、速く走れるランニングフォームとは? [藤井透]
・膝の耐用年数とは? いつまでも走るために「膝ドック」のススメ [松田芳和]
・ランニングドクターから見て危ないランナーとは [稲葉貴子]
・練習後のビールが楽しみなマラソン界のレジェンド [君原健二]
・ランナーは健康診断でどの数値を気にすべきか [塚田重城]
・国内外で旅ラン、海外マラソンでの体調の整え方 [大橋孝行]
・大腸がんの手術を経て再び走り始めるときに感じたこと [金哲彦]
・筋肉痛も含めてランニング、走ることで自分自身の身体に向き合える [高橋尚子]
・朝食は食べてから走るべきか、走ったあとに食べるべきか [佐原和真]
・脳科学的に、朝と夜走るのに適しているのはどっち? [茂木健一郎]
・身体の動きを大きくし、レース終盤でペースが落ちないためのストレッチ [森川優]
・市民ランナーは月間走行距離を気にしすぎ!加齢でタイムを落とさない秘策とは? [鈴木彰]
・創刊号を青梅マラソンで手売り、「ランナーズ」初代編集長の走る50年 [下条由紀子]
・気になる箇所を気にせず走るためのテーピング [丸山里夏]

 

<著者プロフィール>
南井 正弘(みない・まさひろ)フリーライター、ランナーズパルス編集長。
1966年愛知県西尾市生まれ。スポーツシューズブランドのプロダクト担当として10年勤務後ライターに転身。「フイナム」「価格.comマガジン」「モノマガジン」「SHOES MASTER」「Beyond Magazine」など、雑誌やウェブ媒体においてスポーツシューズ、スポーツアパレル、ドレスシューズに関する記事を中心に執筆。主な著書に「スニーカースタイル」「NIKE AIR BOOK」など。「楽しく走る!」をモットーに、ほぼ毎日走るファンランナー。世界6大マラソン(東京・ロンドン・ベルリン・シカゴ・ニューヨークシティマラソン)をすべて完走。ベストタイムはフルマラソンが3時間50分50秒、ハーフマラソンが1時間38分55秒。

 

人は何歳まで走れるのか? 不安なく一生RUNを楽しむヒント
・南井正弘(著)
・出版社:集英社
・発売日:2023/1/26
・言語:日本語
・単行本:160ページ

  • モントレイル トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • naked トレイルランニング
  • brooks トレイルランニング
  • hoka トレイルランニング
  • ledlenser トレイルランニング
  • essr トレイルランニング