TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

HOKA ONE ONE CLIFTON 4(クリフトン 4)

HOKA ONE ONEらしさを最も感じ取れる
定番ロードシューズがメジャーアップデート

マシュマロのようなクッションと身体が自然に前に進む船底のようなロッカー形状のソールシステムがHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の特徴ですが、数あるラインナップの中でその特徴をもっとも的確に表現しているロードシューズが「CLIFTON(クリフトン)」といえるでしょう。その証拠に、数々のアワードを受賞するロングセラーシューズとなっています。そんな「CLIFTON」の4世代目「CLIFTON 4」は、歴代で最も大胆なモデルチェンジを果たしました。

「CLIFTON 4」はHOKA ONE ONEの中では「ニュートラル」というカテゴリーに属します。過度なガイド機能は搭載せず自然な足の運びを実現できるように設計されています。
リニューアルしたアッパーはエンジニアードメッシュを新たに採用。前モデルに比べ伸縮性と通気性がアップしています。適度に張りをもたせながら足にフィットしてくれる感覚で、足の凹凸を均等な圧で包みます。つま先部分は前モデルよりも若干ゆとりがあります。また、アッパーの編み方を変えて密度に変化をもたせることで微妙にフィット感を調整しているようです。 緻密に張り巡らされた3Dパフプリントによる補強は伸縮性の良いアッパーとの一体感があるため、フィットに癖がありません。耐久性も良さそうです。

(左)リニューアルしたアッパー。
(中)3Dパフプリントによる補強。
(右)織り方に変化をもたせたアッパー。

ソールシステムはヒール29mm、フォアフット24mm、ドロップ5mm(メンズ)で前モデル同様のボリューム。ミッドソールの素材とアウトソールのパターンは変更されています。 ミッドソールには新しいフォーム材を採用し、ふかふかのクッション性にプラスして反発性が強調されるフィーリングとなりました。HOKA ONE ONEの特徴であるトウとヒールが滑らかに反り上がった船底型のメタロッカージオメトリーの自然な推進力と、この新しいミッドソールの反発をうまくシンクロするように走ると、無駄な力を極力使わずに加速することができます。 アウトソールは必要な部分にのみセットされていますが、前モデルよりもアウトサイド側を重点的にカバーしています。

(左)フレックスは硬めでしっかりとしている。
(中)一番の特徴は厚いミッドソール。
(右)アウトソールの面積は必要最小限。

実際に走ってみて最も顕著に感じるのは安定感と素直さです。 安定感に関してはミッドソールがワイドボディであること、さらにエッジが反り上がり、足を包み込むアクティブフットフレームを採用していることで、どんな局面でも足がシューズの真上に保持されることが大きな要因です。 素直さに関してはソールのロッカー形状が自然な重心移動を導いてくれる以外にはシューズが走りをガイドする要素が極力少ないため、ランナー自身の意図が反映されやすいというとことにあります。

「CLIFTON 4」はウルトラマラソンなどの長距離はもちろんですが、フルマラソンやハーフマラソンでも十分に活躍できるパフォーマンスを持っています。
初めてHOKA ONE ONEのライド感を味わうには、まさにうってつけの一足です。また、すでにHOKA ONE ONEを体験しているランナーも、いつかは戻って来たくなる完成度の高い一足です。

HOKA ONE ONE (ホカ オネ オネ)
CLIFTON 4 (クリフトン 4)
■価格/17,000円+税
■構造
MEN:オフセット:5mm ヒール:29mm フォアフット:24mm
WOMEN:オフセット:5mm ヒール:28mm フォアフット:23mm
■重量/MEN:265g WOMEN:215g
■サイズ/MEN:7–12 WOMEN:5–9
■カラー/MEN:5色 WOMEN:3色
■アッパー/テキスタイル
■ソール/ラバー
■テクノロジー/MIDSOLE VOLUME、ACTIVE FOOTFRAME、META ROCKER GEOMETRY

■HOKA ONE ONE http://www.hokaoneone.jp/

 

>>>トレイルランニング グッズ体感レポート」 一覧を見る

 

 

  • ブルックス
  • モントレイル トレイルランニング
  • INOV8 トレイルランニング
  • スポルティバ トレイルランニング
  • プラティパス トレイルランニング
  • 塩熱
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング