TrailRunner

hoka_one one トレイルランニング

ビギナーのための「トレイルランニングシューズ選び」

トレイルランニングには様々なギアが必要ですが、もっとも重要なのは「シューズ」であると言って差し支えないでしょう。では、これから始めてみたいと考えている初心者は、どのようなシューズを選べばいいのでしょうか? 知っておくべき基礎知識や選ぶ際のポイントを解説します。

 

 「ロード」と「トレイル」のシューズは何が違う?

 

整備された道路を走るロードランニングと異なり、トレイルランニングでは凹凸のある不整地を走ります。砂利の林道もあれば、ぬかるんだ登山道もあり、ガレガレの岩場もある。そのような変化に富んだ路面を走破するために、トレイルランニングシューズは大きく分けて次の3つの特徴を備えています。

1)アッパーが頑丈
トレイルランニングのフィールドには、木の根っこや、トゲのある草木、ゴツゴツした岩など、様々な自然の障害物があります。不意に足をぶつけてしまうと、打撲などの怪我をしてしまったり、シューズのアッパーが傷んだりすることも。そこでトレイルランニングシューズは、アッパーが頑丈に作られているうえ、つま先部分や側面に障害物から足を保護するパーツがあしらわれています。一方、ロードランニングの場合はコース上に障害物が存在しないので、アッパーの保護性能はほとんどなく、軽さや通気性を重視したつくりになっています。

アッパーの違い。左がトレイルランニング用。右がロードランニング用。

2)ソールが硬い
トレイルの路面には凹凸があります。普通のロードランニングシューズで走ると、その凹凸を足裏でダイレクトに感じることになり、バランスが取りづらくなるため走りが不安定になりかねません。そのような状況を防ぐために、トレイルランニングシューズはミッドソールやアウトソールが硬めに設計されています。ものによっては突き上げから足を保護する硬いプレートがミッドソールとアウトソールの間に入っている場合もあります。

3)ラグが高い
トレイルランニングシューズのアウトソールには、「ラグ」と呼ばれる突起が付いています。これが高いほど地面にグッと食い付き、走行中の滑りを防いでくれます。いわばスパイクのような役割を果たしてくれるわけです。

アウトソールの違い。左がトレイルランニング用。右がロードランニング用。

トレイルランニングシューズの選び方

 

実際に走る路面状況で大別すると、ロードとトレイルの両方を快適に走れるハイブリッドタイプ、トレイルのあらゆる状況に対応できるオールラウンドタイプ、滑りやすい路面やぬかるんだ路面に強いハイグリップタイプに分けることができます。初めてトレイルランニングシューズを買う場合、どんなコースに多くいくかによって選ぶタイプが変わってきます。はっきりしない場合はオールラウンドタイプを選んでおくのがお勧めです。ただし、下りに恐怖心がある方はハイグリップタイプを選んでおくと確実なグリップで安心感を得られるはずです。

左がオールラウンドタイプ。右がハイグリップタイプ。

店頭での試着の際は「ソックス」にも気を使おう
ロードかトレイルかを問わず、「フィット感」はシューズを選ぶうえでとても大事な要素。着用した際にきちんとしたフィット感が得られなければ、着地のたびにシューズ内で足が遊んでしまいかねません。しかし自分の足にきちんとフィットしたシューズなら、着地するたびにエネルギーを無駄なく路面へ伝えられ、効率的な走りが可能になります。

きちんとしたフィット感を得るには、正しいサイズ選びが大切。店頭で試着して、ベストなサイズを選びましょう。トレイルランニング用だからといってサイズが変わることは原則ありません。まずは普段のシューズと同じサイズを履いてみましょう。

なお、店頭で試着する際に着用するソックスは、トレイルランニングでの使用を想定したものが望ましいです。ロードランニング用のソックスは薄手のタイプが多いですが、一般的にトレイルランニングで着用するソックスは速乾素材やウール素材などで、ロードランニング用よりも少し厚手のものが好まれる傾向にあります。

不安定な地形を走るので、素材、厚さ、長さ、コンプレッションなど、ソックスにこだわるランナーが多い。

トレイルランニングシューズに「防水」は必要?
トレイルランニングシューズのなかには、ゴアテックスをはじめとする防水透湿素材をアッパーに用いたものがあります。そうしたシューズは雨天などの悪天候時、内部への水の侵入を防ぐのに一定の効果が期待できます。

ただ、トレイルランニングシューズに防水仕様は必須ではありません。むしろ、多くのトレイルランナーは防水仕様のシューズを避ける傾向にあります。トレイルランニングは運動強度が非常に高いアクティビティであり、防水仕様のシューズだと、気温が高い日は内部が蒸れてしまいかねないからです。

また、防水仕様のシューズは、内部がいったん濡れてしまうとなかなか乾きづらいというデメリットも。一方、防水仕様を備えない通気性を重視したシューズは、走っているうちに乾いてしまうこともあります。

天候やシチュエーションによっては防水仕様のシューズが活躍する場面もあります。状況に応じて選べるよう、2足目以降に選ぶのはいいかもしれません。しかし最初の1足は、防水仕様ではないものを選んでおいたほうが無難です。

初心者にはこの2足がおすすめ!

 

では、これからトレイルランニングを始めようという初心者は、具体的にどのシューズを選べばよいのでしょうか? おすすめの2足を紹介します。

トレイルにもロードにも対応するマルチな一足!

まずはHOKA ONE ONE(ホカ オネオネ)の「CHALLENGER ATR 5(チャレンジャー ATR 5)」。このシューズはトレイルからロードまで幅広いシーンに対応するオールラウンドプレイヤー。これからトレイルランニングを始めようと考えているロードランナーにもおすすめできる1足です。アッパーは耐久性と通気性を兼ね備えた二重構造。つま先には足を保護するTPU加工が施されています。クッション性の高いEVAミッドソール。ゆりかごのような作用を生み出すメタロッカー構造で、ホカ オネオネ特有の弾むような走りが楽しめます。4mmのラグがあしらわれたアウトソール。悪路で安定性を発揮しながら、ロードでもスムーズに走れます。

CHALLENGER ATR 5
・価格:¥16,000+税
repobanner.jpg

強力なグリップ力。下りが苦手な初心者にも!続いて、HOKA ONE ONEの「SPEEDGOAT 4(スピードゴート 4)」。こちらはテクニカルなトレイルでも快適に走れることを目指して開発されたシューズです。アッパーはメッシュ素材で通気性を確保しながら、中足部にあしらわれた3Dプリントのオーバーレイが安定感のある走りをサポート。HOKA ONE ONEらしい極厚のミッドソール。反発性とクッション性を高い次元で両立しています。そしてこのシューズの大きな特徴が、グリップ力と耐久性の高さに定評のあるビブラムメガグリップをアウトソールに搭載していること。このソールが地面をつかむようにグリップしてくれるため、ぬかるんだ路面やテクニカルな下りも安心して走ることができます。これは下りが苦手な初心者にとっても心強いはずです。

SPEEDGOAT 4
・価格:¥19,000+税
repobanner.jpg

 

以上、トレイルランニングシューズを選ぶ際のポイントやおすすめモデルを紹介してきましたが、シューズの好みは千差万別であるうえ、路面状況や天候によってもふさわしいシューズは変わってくるため、すべて人やシーンに適した万能な1足は存在しません。あれこれ悩みながら、そして悩むプロセスさえも楽しみながら、自分にぴったりの1足を見つけてみてください。

文:榎本一生

■取材協力:デッカーズジャパン(HOKA ONE ONE)
TEL 0120-710-844 www.hokaoneone.jp


 

  • モントレイル トレイルランニング
  • さかいやスポーツ トレイルランニング
  • RL トレイルランニング
  • サロモン トレイルランニング
  • nathan トレイルランニング